DIKWモデルとKW(1・2・3次元)モデル

KW(1・2・3次元)モデル

フレーム&ワークモジュールⓇは、当協会代表理事、田原祐子が発案し田原が代表取締役を務める、株式会社ベーシックからノウハウ提供を受けています。
当協会で習得することができる、ナレッジ・マネジメントのオリジナルモデルである、KW(1・2・3次元モデル)は、企業の現場で20以上の実績があり、再現性に優れています。

KWモデルの3次元のうち、当協会の講座で習得できるのは、1次元モデルとなり、再現性に優れ、皆様の企業・学校・病院等で、さまざまな業種やケースで、すぐに実践できるものです。

(KW2次元・3次元モデルは、株式会社ベーシックにおいて企業のコンサルティング、プロジェクト、研修等で指導しており、講座のご用意はございませんが、2020年4月より、大学院大学において客員教授としてご指導を予定しております)