フレーム&ワーク モジュールのメリット
 
これまでの研修の問題点と、フレーム&ワーク活用のメリット
これまでの研修・トレーニングの問題点
  • 情報や知識を教えるため、受講者の理解力・スキルにより成果に差が生じる
  • 対象者ごと、テーマごとの研修が主体
  • 研修終了後のフォローは、OJT まかせ
  • 全体のプログラムデザインがなされていない
  • 各研修のテーマが連携していない
  • 指導者の力量・スキルの差が受講者に影響する
フレーム&ワーク活用のメリット(フレーム& ワーク=基本形を教えることで得られるメリット)
  • 「内容」ではなく、「形」を教えるため、習得が容易である
  • 基本形があるため、実践すればするほど、成果や学習効果が高まる
  • フレーム& ワークをもとに、「気づき」の学習も促進(考える力)
  • フレーム& ワークをもとにした、組織内のコミュニケーションが実現する
  • フレーム& ワークをもとに、全社員のノウハウが共有化・蓄積できる
  • フレーム& ワークを活用すれば、新人育成が迅速かつ効果的にできる
    *「人」を大切にし、コミュニケーションを最適化する

meritto_hyou

あらゆる業界で活用可能なフレーム&ワークモジュール
フレーム&ワークモジュールは、あらゆる企業、病院、介護施設、官公庁、商店、営業、事務、生産、技術研究、人材育成等、すべての領域に活用可能なメソッドです!

 

どのような課題解決に有効か?
  • 営業、事務、経理、技術等といったさまざまな分野の仕事があるが、各部門で、業務の流れや手順、指導方法等がきちんと整えられていない
  • 自己流のやり方、先輩の見よう見まね、OJT 等で仕事を引き継いでいるケース
  • 日々「誰が」「何を」「どのように」実践しているかという、行動やノウハウやナレッジ情報が蓄積されていない
  • 新入社員に向けた営業方法や計画・営業目標の選定方法等を、何からどう教えて良いか困っている
  • 業務の無駄を省き効率的な職場環境へと改善したい
  • スタッフ個々によって異なる仕事に対する意識の差や、それぞれが持つ個性やスキルをどう活かし、組織力アップに導けば良いか等、効果的にマネジメントをしたい
  • スタッフの定着率が悪く、職場環境改善をしたい
メルマガ 開講スケジュールやイベントのご案内など、最新情報をメールでお知らせします。フレームワーク活用例などもお届けしますので、ぜひご登録ください。
(例)鈴木
(例)一郎
メールアドレス

(例)suzuki@example.co.jp
 
お客さまの声
facebook