協会について
 
協会設立に当たって
<現在に不可欠である、安定と蓄積>
現代は、人々を取り巻く環境・政治・経済等のさまざまな変化が激しく、まさに激動の時代です。変化が激しいということは、「安定しない」「先が見えない」という、不安な気持ちに通じ、同時に、「蓄積がない・できない」「過去の努力が認められない」という、あきらめや恐怖にもつながります。
『人間は習慣の生き物である』とは、アメリカの哲学者ジョン・デューイ氏の言葉ですが、私たちは、 毎日の経験をもとに、過去を積み上げ、未来を模索して生きています。ところが、今の環境では、世の中の動きや風潮で、昨日まで良しとされていた事が否定されるような出来事が日々起こっている状態です。
フレーム&ワーク モジュールは、いつの時代にも通じる普遍的な項目・要素と、過去の蓄積や努力が財産(データベース)となって、確かな自信や安心・安定をもたらす、ビジネスのベースとなります。不安が蔓延する、現代のビジネスライフにおいて、心の拠り所とも言えるものです。
また、時代の流れや周りを取り巻く環境の変化にも柔軟に対応できるフレキシビリティ(臨機応変さ)と、年1度のキャッチアップ(更新)もプログラムに組み込まれており、普遍的とは言えど、安定した基軸の上に、(基軸があるからこそ)時代の流れもしっかりと把握・理解できる内容となっています。
フレーム&ワーク モジュールとは、激しい時代や環境の中、自信と安定をもたらし、安心して努力を続け、誰からも目に見えた成果があがる考え方です。
【Vision】
フレーム&ワーク モジュールを通じて、人や組織の新しい“絆”を創り出します。
【Mission】
新しい観点からフレーム&ワーク モジュールを活用した実践メソッドを普及させ、人材育成、マネジメントの最適化、事業経営の安定・発展を図り、社会に貢献します。
 
活動概要
目的
 
 
一般社団法人フレームワーク普及促進協会は、フレーム&ワーク モジュールに関する事業を行い、フレーム&ワーク モジュールを社会に普及させることを目的とする。

事業内容
 ( 1)フレーム&ワーク モジュールに関する調査・研究
 ( 2)フレーム&ワーク モジュールに関する意見の表明・方針の策定
 ( 3)フレーム&ワーク モジュールに関する情報提供・活用促進・データの収集
 ( 4)フレーム&ワーク モジュールに関する出版・広報活動
 ( 5)フレーム&ワーク モジュールに関する普及・教育活動及び活動支援
 ( 6)フレーム&ワーク モジュールに関する資格制度の創設・運営・認定
 ( 7)フレーム&ワーク モジュールに関するセミナー・研究会・講演等の開催
 ( 8)フレーム&ワーク モジュールに関するスタッフ・講師の派遣及び紹介
 ( 9)フレーム&ワーク モジュールに関連する国内外の諸団体並びに諸機関との連携・協力及び交流
 (10)フレーム&ワーク モジュールに関連する企業の事業展開支援・コーディネート
 (11)フレーム&ワーク モジュールに関する教材や資料の企画・制作及び販売・監修
 (12)フレーム&ワーク モジュールに関するシステムの開発・改善及び保守・運用
 (13)フレーム&ワーク モジュールの活用に関する相談業務・コンサルティング業務
 (14)前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業

 
代表理事プロフィール
一般社団法人フレームワーク普及促進協会代表理事 田原祐子 代表理事
株式会社ベーシック 代表取締役 田原祐子
国際公認経営コンサルティング協議会認定コンサル
全日本能率連盟マスター・マネジメント・コンサルタント
関西学院大学卒業後、外資系人材派遣会社の教育トレーナー、住宅経営コンサルティング会社のプロジェクトリーダー・研修講師を経て、1998年に人材育成と営業戦略のコンサルティングを手掛ける、株式会社ベーシックを設立し、代表取締役に就任。
オール電化の立ち上げに関わり、ゼロからシェアを拡大。そのプロセスで、業務の見える化・分化(モジュール化)、フレーム&ワークが不可欠であることを確信し、フレーム&ワークを活用した人材育成・組織マネジメント・営業手法を体系化する。現在は、若手経営者の育成や事業継承、社内マネジメントや誰でも売れる仕組みの構築、若手・女性スタッフの育成・女性戦力化、売上・モチベーションアップ、やる気溢れる組織や人材の育成等を、フレーム&ワークを活用して指導。目覚ましい成果を上げている。
世界46カ国が集うICMCI(国際公認コンサルティング協議会カンファレンス-2014年ソウル開催-)にスペシャルゲストとして招かれ、F&Wのノウハウについてスピーチを行う。
 
著書には、『住宅営業 そのやり方を変えましょう』『70倍自動化営業法』『女性パワーを活用すれば家は3倍売れる』『あなたは、部下のやる気をなくさせていませんか?』など、計13冊がある。
プレジデント・宣伝会議・朝日新聞・毎日新聞等にも取り上げられ、連載等の執筆活動も精力的に行っている。
【 会員・所属 】
・関西学院経済人会会員
・一般社団法人全国住宅建設産業協会賛助会員
・ドラッカー学会会員
・ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック審査員
・特定非営利活動法人日本HIS研究センター理事
株式会社ベーシック公式サイト http://www.basic7.com/
 
代表理事ご挨拶
良質な教育には、吟味された学習モデル・学習プログラムが不可欠です。
例えば、学校教育に置いては、各学年の学習内容が決められており、成長とともにステップアップしていきます。また、教える側のガイドラインも整備され、学習内容と成果のクオリティが保たれています。さらに、各プログラムにおいても、算数では、足し算・引き算・掛け算・割り算の四則演算をマスターしてはじめて方程式を解くというように、学習の手順が明確化され、まずは基本をマスターして応用に進むように、ステップ・バイ・ステップで習得できるよう、構成が熟慮されています。
しかし、ビジネスの現場においては、社員教育を行わない企業や、入社時の導入研修以降はリーダーになる一部の人材を除いて、OJT(On-the-Jon Training)という形で現場任せにしたりと、およそ人を育てることに注力しない企業も少なくありません。現場任せの教育は、属人的な影響を強く受け、指導する者の資質や教え方に大きく左右され、結果に開きが生じます。貴重な原石である人材の強みを活かすことなく、磨かず、光らせない状態では、明日の企業を担う人材の教育は困難です。
当協会が提唱するフレーム&ワーク モジュールを活用した人材育成や組織マネジメントは、まず、教育の形をきちんと構築することで、ビジネスの基礎知識を習得します。そのうえで、フレーム&ワーク モジュールをもとに、自分自身が日々ステップアップできるよう、熟慮したプログラムで構成されています。さらに、組織としての共通フレーム&ワーク モジュールをもとに、全社員がコミュニケーションを図るため、風通しのよい組織風土改善も併せて形成され、組織自体も日々進化していきます。
また、社会問題となっているニートやフリーターの教育やスキルアップにも最適であり、ビジネスをする上で基本となる、対人力や日々の業務上のノウハウ・ナレッジを蓄積していく手法をマスターできるため、就業先の状況に左右されず、個々人の力が確実に蓄積できていき、キャリアアップにつながります。
フレーム&ワーク モジュールは、いつの時代にも通じる普遍的な項目・要素と、過去および現在の蓄積や努力が財産(データベース)となって、確かな自信や安心・安定をもたらします。不安が蔓延する現代のビジネスライフにおいて、心の拠り所とも言えます。
当協会では、フレーム&ワーク モジュールメソッドを組織内で導入できる人材として、F&WM(フレーム&ワーク モジュール)インストラクター・認定F&WMコンサルタントを育成していきます。
フレーム&ワーク モジュールを通じて、人と企業の発展に寄与し、社会に貢献していきたいと願っています。
 
理事
龍谷大学 政策学部 教授 富野 暉一郎氏富野氏
(元逗子市長)

【EQFという国際共通フレームと人材育成】

フレームワークという人材育成の仕組みに初めて出会ったのは2006年の国際研究研究プロジェクトで実施した英国のパートナーシップ政策の現地調査でのことでした。当時ヨーロッパではEUの政治統合が進み、EU域内の労働力の移動を円滑に進めるために、教育システムと職業資格制度の共通化が強く求められていました。英国では早くから職業能力と教育システムを、初等教育から大学院や社会人対象の専門職業人教育までをカバーする共通の枠組みで運用する柔軟な資格フレームをNQF(国家職能資格フレーム)として運用していましたが、その英国の職業資格フレームを軸にEU全体としては2012年度から国際共通職業資格フレーム(EQF)が運用されています。

初めて出会ったフレームという概念は非常に新鮮なものでしたが、調査団の研究者全員が直ちにEQFの合理性と有効性を理解することができ、京都の産官学民と学会や関連団体の連携によってEQFの資格フレームに準拠した「地域公共政策士」資格制度の質保証と資格付与を行う「一般財団法人地域公共人材開発機構」が設立されて、現在その教育研修プログラム18本が各大学によって実際に運用されています。

フレーム&ワーク協会の田原さんに偶然の機会にお目にかかるまでは、フレームワークを直接人材育成や研修に活用する動きを承知していなかったため、田原さんから情報提供をいただいた折には少なからず驚き、その一方で日本でもフレームワークという概念が一般化する一つの歩みとして協会の設立を非常に喜ばしく思いました。

人材育成におけるフレームワークという概念の有効性は今後一般化する過程で広く理解されることが期待されますが、多様な解釈や理解が可能な幅の広い概念であることから、具体的な人材育成のプログラムとして活用する場合、その信頼性を客観的に確保する方法論も同時に確立することをあわせて期待したいと思います。

 
理事
株式会社グリーンビュー野島氏
代表取締役 野島新人氏(コンサルタント)
日本の企業は生産設備と云う物作りの手段を開発、増強する事により今日の世界における日本の地位を築いて来ました。しかし、人材育成の面では人材をフル活用してしまった事や、其々の企業に合った基本の人材教育のシステムや養成、そのプラットフォーム作りが出来ていなかったため、各企業様の期待通りの業績達成が果たせていませんでした。
フレーム&ワーク協会ではそう言った企業の業績向上達成のための人材教育のシステムを、段階的に企業内に導入される事をコンサルティングし、企業内での人材教育の基盤作りを全面的にサポートするものです。大幅な業績向上を果たすため、企業としてのプラットフォーム作りのお役立ちを目的として始動したとうかがっています。
是非、この機会にこの協会に参加をされフレーム&ワークを導入される事で、人材の生産性の向上と活性化により、大幅な企業の業績向上を達成されん事を祈念し、推薦の言葉とさせて頂きます。
 
参与
内閣府認証NPO法人日本HIS研究センター代表理事 石田章一氏ishidasyo

炬燵で居眠りをするか、街へ出てブラついてみるか、いずれを選ぶかは自由、平和ならばこその結果であり、個人的には幸せとしか言いようがない時間であるでしょう。しかし、ここにみんなで達成したい「夢」や「目的」という意思や願望をいれることで、それからの時間のもつ意味は俄然違ってくることは周知のとおりです。

その「思考」を現実化するためには、その後の→「判断」」→「行動」に筋を通し、投入する力を集中させること、適切な枠組みや軸、あるいは梃(テコ)をもつことが、なにより必要になります。
フレームワークとは、この不確になりがちな人々の思考と行動を社会化し、メンバーなりパートナーなりが共有し、集中すべき仕事の認識地図として活用しようと、現代では多くの場面で登場しているはずです。

私たちが提案していこうとする「フレーム&ワーク」は、経済効果が厳しく問われるビジネスやコミュニティでの事業化の機会はもちろん、多様な思考や仕組みを動員にした、さまざまな新規プロジェクトの生産性の向上に役立つよう、現実に即した提案することができます。なかでも効果的な現場づくり、すなわち環境風土、健全な企業体質やブランディングにも貢献できないかと考えています。

地球上の社会はますます高度化し、情報が高密度に拡散することで価値観のかぎりない個別化が進んでいきます。それぞれのアイデンティティを生かすこと、つまりは人間らしい創造ができる環境であることがすべてです。今いる足下にこそ、今できることがあり、ハッピーな将来や世界につながっていると思います。
どうか、皆様のご支援・ご指導をお願い申し上げます。

 
推薦の言葉
学校法人神奈川大学 保健管理センター長(特別教授)ebana
江花昭一氏 (前横浜労災病院心療内科部長)
従来の日本の企業では、日本型雇用のもとで、企業風土・企業文化の共有、先輩の「面倒見のよさ、後輩の「見よう見まね」でのスキル学習、職場の風通しのよさ、などが美徳とされ、それらが個々人の能力の開花、メンタルヘルスの維持、企業の業績向上と結びついていました。
しかし現代企業では、活動のグローバル化、短期の業績向上の要請、競争の激化のもとで、これらの美徳が消滅しつつあり、本来企業活動の軸となるべき人材育成、業務の標準化、企業内コミュニケーションの活性化の実現が困難になっています。そのような事態は、多くの適応困難者を生み出し、メンタルヘルス不全の要因にもなっているでしょう。
このように考えていたところ、これまで「暗黙の了解」とされてきた職場の仕組み、活動のノウハウを目に見える形にし、そのフレームを共有し、さらによくなる仕組みを構築する、という「フレーム&ワーク」の考え方を伺うことができました。そのとき、これは企業のみならず、教育機関や医療・保健も含めた多くの組織の弱点を補い、個々人の能力を活かすことができる活動であり、本当に「我が意を得た」という思いがしました。
その普及は、多くの組織の構成員教育、コミュニケーションの改善、ポジティブ・メンタルヘルス推進にたいへん役立つものであると考え、ここに推薦いたします。
 
推薦の言葉
同志社大学政策学部・同大学院総合政策科学研究科教授oota
太田肇氏
【組織の分化、業務のモジュール化が必要】
組織論には古くから「分化」と「統合」という概念がある。分化とは文字どおり分けること、統合は結びつけることであり、組織を健全に保つには両者のバランスが大切である。ただ近年はICTなどの普及により、組織が分化していても比較的容易に統合できるようになった。
ところが多くの日本の企業は、統合を重視するあまりに分化がなかなか進まない。社員のワークライフバランスを推進するうえでも、仕事の成果を正しく評価して公平に処遇するうえでも、それが障害になっているケースが多い。
たとえば仕事の分担や責任範囲が不明確だと、いくら努力してたくさん仕事をこなしても、みんなの仕事がすまないかぎり帰れない。職務主義で個人の分担が明確な欧米企業では残業がほとんどないのと対照的だ。また欧米型の成果主義を導入してもうまくいかなかったのも、わが国では仕事の分担が不明確なので成果を正しく評価できなかったからである。
要するに、社員が働きやすい職場をつくり、評価や処遇を公平に行うためにも、個人個人、あるいはグループごとに仕事を分化していかなければならないわけである。
さらに職種や仕事内容に応じた働き方、人事制度を取り入れようとすると、職種ごと、仕事の種類ごとに制度を変えていかなければ進まない。そこでも分化が不可欠なのである。
そして組織と仕事の分化を進めるためには、会社の業務全体を「見える化」し整理していく必要がある。さらにそれをモジュール化するという方法は、企業の経営革新、効率化を図るとともに働きやすさを追求するうえでも大きな効果が期待できよう。
 
推薦の言葉
元アプライドマテリアルズジャパン会長・元サムソン電子(本社)社外取締役 iwasaki
社団法人国際経営者協会 元代表理事・株式会社IIOSS取締役 創業者
岩﨑哲夫氏 
【「フレーム&ワーク モジュール」で大波に乗る】

ビッグサーフには、押し寄せる大波を見極め、素早いパドリングで波頭に立つことが欠かせない。かって海が穏やかな時代、日本は世界がうらやむ「ビッグサーフの名手」となったが、その地位に溺れ太洋の変化(メガトレンド)を見落としたことで、押し寄せる大波から滑り落ちてしまった。ここ四半世紀で体験した日本のGDPや企業の競争力の下落は象徴的だ。ならば、日本の近未来を見るとどうだろうか。世界の政治・経済の先行きの不確かさを度外視しても、進行中のIoTやAIを駆使する第4次産業革命だけでも、そのインパクトは過去私たちが体験した変化よりさらに大きなものになるだろう。市場や経営資源の調達や競争や事業構造などを律するあらゆる垣根はますます低くなり、新しい環境で力を発揮する新手のプレイヤーが続々登場し、世界のデファクトとなるサービスを創り出すだろう。このメガウェーブ到来への日本の備えは不十分で遅れも目立つ。 しかし決断次第で再浮揚の好機到来ともみえる。新時代で勝つ経営モデルや業務デザインに勇気を持って取り組んでほしいものだ。「フレーム&ワーク モジュール」は現業の改善や改革のためのパワフルなツールではあるが、日本が得意の「集団のイノベーション」が発揚され、人が育つプラットフォームである。日本再浮揚に向けメガウェーブの波頭を目指すパドリングは始まっている。


推薦の言葉
早稲田大学大学院 経営管理研究科 iriyama
准教授 入山 章栄氏 
「業務のモジュール化」は、経営学的にも非常に興味深いテーマである。確かに多くの日本企業では、社員の肩書きとジョブディスクリプションが紐付いておらず、非効率で責任の所在がはっきりしない場合が多い。
ただ一方で、「一人がジョブディスクリプションを超えて多様な仕事に関わる」ことのプラスも大きいはずだ。例えば経営学では、現在イントラ・パーソナル・ダイバーシティと言って、一人の人が多様な知見・経験をすることの重要性が主張されている。
また。プロソーシャル・モチベーションと言って、一人の人が他者視点になって仕事をすることも、個人の創造性にプラスである可能性も示されている。このように考えると、ポイントは「何のために業務のモジュール化をするのか」「そのプラス面と、逆に弊害は何か」をきちんと検討することだろう。

業務のモジュール化は手段であり、目的ではない。結局の目的は、一人一人が生き生きと働き、結果として組織が強くなることだからだ。
 
活動報告
 2000 年 フレーム&ワークモジュール® 理論を構築し、現場で実践スタート

 2012 年 一般社団法人フレームワーク普及促進協会創設

 2013 年 フレーム&ワークモジュール® セミナー、フレーム&ワークモジュール® 講座開始
        > 開催報告はこちらから

 2014 年 フレーム&ワークモジュール® インストラクター、コンサルタント講座実施
         ICMCI 国際認定経営コンサルティング協議会で発表
         2014 年世界46 カ国が加盟するICMCI 国際認定経営コンサルティング協議会(於、ソウル) で、
         当協会代表理事 田原祐子が、日本人で初めて、フレーム&ワーク モジュール® メソッドと
         成功事例について発表。

        > 開催報告はこちらから
 2015 年 5回連続講座開催
         2015 年度は、「素晴らしい“人財” を育み、実績アップするために知っておきたい人材育成・ 組織づくりの
         知恵」をテーマに神奈川大学特別教授 前横浜労災病院心療内科部長 江花 昭一氏、
         同志社大学 政策学部教授 太田 肇氏、JMAC 顧問シニアコンサルタント 戸張 眞氏、精神科医 水島 広子氏、
         一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 准教授 藤川 佳則氏を講師に招き【連続講座 全5 回】を開催。

        > 開催報告はこちらから

       フレーム&ワークモジュール® カンファレンス開催
         ナレッジマネジメントとフレーム&ワーク モジュールの親和性と可能性をテーマに、
         「第1回フレーム&ワークモジュール® カンファレ ンス」を
         一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 教授/研究科長である一條 和生氏、
         株式会社新建新聞社 代表取締役社長 三浦 祐成氏を招 き、カンファレンスを開催。
         4 社5 事例の成功事例を発表。

        > 開催報告はこちらから

        日本の人事部「HR アワード」の「プロフェッショナル部門<教育・研修の部>」にノミネート
       される

 2016 年  論文「フレーム&ワークモジュール® を活用した本当の意味の“働き方改革”
       ~実績向上・時間短縮・人材育成・組織開発・ナレッジ共有化のためのアプローチ~」が
       第67 回全国能率大会で優秀賞に選ばれる

       論文「フレーム&ワークモジュール® を活用した本当の意味の“働き方改革”
       ~実績向上・時間短縮・人材育成・組織開発・ナレッジ共有化のためのアプローチ~」が
       全日本能率連盟賞を受賞し表彰される

       日本の人事部 HR カンファレンス2016 – 春- にて、特別講演

       日本経営システム学会にて、企業の業務革新における 「フレーム&ワークモジュール」手法の
       有効性に関する研究 ~人材育成・組織開発・ナレッジ共有化のための新アプローチ~
       The eff ect of ‘frame & work module’ method in business innovation of
       an enterprise: new approach to human resource development,
       organizational development and knowledge sharing を発表
メルマガ 開講スケジュールやイベントのご案内など、最新情報をメールでお知らせします。フレームワーク活用例などもお届けしますので、ぜひご登録ください。
(例)鈴木
(例)一郎
メールアドレス

(例)suzuki@example.co.jp
 
お客さまの声
facebook